top of page

peterwillsher Group

Public·61 members
Isaac West
Isaac West

ニューハーフ 純 女

カナジョ(日本最大級ニューハーフ&女装子&男の娘の出会い系)

ニューハーフヘルスというのは体や見た目が女性なのにち こがついてる可愛い人、綺麗な人とエロいことをしたい男性達が来る場所です。 プレイも様々でAFや 定価¥3,(税込) 純女VS14人の童貞ニューハーフ 二度と見れないニューハーフ童貞喪失シーンDX/SHEMALE a la carte/ゆか/新品DVD/ブックオフオ 12 hours agoニューハーフ出会いMAP. 都内5店舗!人気AV嬢〜極上素人まで. キャスト募集!最高の環境で応援!! 女装娘・NH☆レインボーランキング. 投稿 | 検索 | 更新 |


-----------------------------------------------------------------------------------------

>>>>> ここでビデオを見る ➡➡➡ https://is.gd/eb4Gsz

(リンクをコピーしてブラウザに貼り付けます)

-----------------------------------------------------------------------------------------



Woman Native Female.なんか本当は男性だってわかってるんだけど、 明らかに男性とは違う…!!!!.Trans Girl.一部のトランスは女性のそういった「気を許す」のを利用して 女性をつってナンパしたり、からだ目的で近づく輩がいます。 女性もトランス=全員こころが女性と思わないで。 トランス=心は男も結構いるので。.あたし、 本当にニューハーフになりたい!!!! 男性脳をもって・・・・ 見た目が女性になりたい・・・ ほんまにええとこどりやん! めっちゃ憧れるわぁ・・・ もし、私はニューハーフになったら、町 を堂々と歩いて 変な目で見てくる人がいても、堂々と ニコっと手を振ってあげるよ。 目立つってめっちゃええことやぁん!!!あぁーうらやましいー!!. 一般男性脱糞シリーズの歌詞は?元ネタや誕生経緯がヤバイ! YouTuberのゆゆうたが歌う一般男性脱糞シリーズの歌詞が気 たそちには舌が二つ!?理由や可愛すぎる本人画像を紹介! たそちって誰?舌が二つってどういうこと?たそちは元アイドルって ネグリジェの前を開き、彼女に触れたのです。大きくて柔らかい、Dカップほどもあるオッパイ。 「こんなに、オッパイが」 「胸は、手術してもらったの」  薄いナイロンのショーツ、上から触っただけでは、アレがない。ショーツの中に指を入れて、探っていると、胯間に挟み込むようにしていた。  それを引き出すして指で触れていると、ショーツの中にピクンと固くなったもの。 「凄~い!こんなに」 「言わないで、恥ずかしい」 「こんなになって、感じやすいんだね」 「イヤッ、恥ずかしい」 長い黒髪、豊かな乳房、美しく化粧した美津子なのに、下半身にはショーツの中で固くなっているものがある。美津子は、僕の手で愛撫されるがままに、なっていました。 その時、ドアをノックする人の気配が。 「中西さん、今日、ケーキを作ったから、食べなさい」 その声は、このマンションのオーナーの奥さんでした。 「おねがい、私の代わりに、出てくれる」 大急ぎでパジャマを着て、ドアを開けました。 「アレッ、お客さんかな」 「はい、同じ会社のもんです。中西君は、今風呂なんです」 「それなら、これを中西さんに、あなたも食べてね」 「時々、泊ってる人かな、二人仲がいいみたいやね」  私たち二人が何をしているか、知らないはずだが、仲がいいと言われた時にはドキッとした。 「急に、家主の奥さんが入ってくるなんて、ごめんね」、美津子が謝ってくれました。  でも、私達がエッチをしているなんて、少しも気づいてないことが、うれしかったりして、奥さんが出て行ったあと、美津子がドアに鍵をかけました。  二人きりになった、部屋の中で恋人のように愛し合ったのです。しばらくして、美津子が起き上がり、おしぼりで僕のものと、美津子のあの部分をきれいに拭いてくれた。散らばった下着を片付け、美津子はネグリジェを着て布団に入ってきた。 「美津子、良かったよ」 「嬉しいわ、私で良かった」 「なんか、新婚の夫婦みたいだね」 「わたしなら、お嫁さんになってあげてもいいよ」 「子どもの産めないこんな私を、お嫁さんになんて、できないよね?」 「僕の嫁になってくれるだけでもいい、子どもなんて」 「私は、赤ちゃんが欲しいわ、妊娠させてくれたら」 「僕が君を妊娠させたら、どうするの?」 「その時は、責任を取って、赤ちゃんのパパになってね」.もう、あれから5年、今年もクリスマスがやってくる。 家路を急ぐ私を待っている、美津子との生活も、6年目を迎える。.彼女とは、仲良く二人で暮している、当然のことだがまだ子どもは居ない。     ホームページに戻る.女装を始めて、男性との経験も、少し覚えて間もない頃でした。 デジタルの一眼レフを持っている、セミプロのカメラマンと交際を始めた頃  フィルムカメラと違い、現像に出すことなく写真にできるということで、女装した私の写真を、写してもらうことになったのです。  標準から広角レンズにとりかえて、ぶれないよう三脚を置き、ストロボ、反射板、照度計の数値をカメラにセットしている彼 「やっぱり、恥ずかしい」 「大丈夫だから、着替えてごらん」 「笑わないでね、まだ、こっちを見ないで」    黒いショーツ、おそろいのランジェリー、黒いガーターストッキングを穿いて、暖かい彼の部屋で、メイクをして、赤く口紅を塗りました。  邪魔にならないようにウイッグを上にまとめて、彼の前でポーズ、リモコンでシャッターの切れるカメラ、テストのストロボが発光する。 「可愛いよ、そう、そのまま」 「次はベッドで、前に手を突いて、その姿勢で、そう、そう」 「肌がきれいだね」 「こんどは、手を前について、そう、その姿勢」 「イヤッ、やっぱり恥ずかしい」 私の下着姿の撮影は、かなりのショット数 いろんなポーズのたびに、シャッターが切れる音 撮影は、1時間ぐらいで、終わった、かなり長い時間だった。 エアコンで暖かい部屋の中、娼婦のような黒い下着姿の私 撮影が終わってから、準備していたチョコを渡した 二人きりの部屋の中で, 彼に恋心を伝える少女のように、赤くなって女の子してました。 はじめの約束は、写真撮影だけのつもりでした。 まさかそれ以上になるとは、やっぱりバレンタインデーだったから。 ダブルベッドの置かれた、寝室に誘われて、そのまますべてを許しました。 3月14日のホワイトデーが待てなくて、 悩ましいランジェリーを身にまとった私を抱いている彼.幸せな時間のあと、彼から手渡されたSDカードをモニターでみた。 彼の写した写真には、下腹部に、やっぱり見えていたあの部分。 その時は、女の子でいたかったのに、女になりきれない部分。 恥ずかしかった、でも好きだった。.また、写真を撮ってもらえるかしら、 それを口実にして、誘ってみたいな。     ホームページに戻る.新郎から花束が渡された。 「今は、これでいいかい、ブーケは式の時に渡すから」  そのあとは、新郎新婦がそろい、チャペルや撮影室での写真撮影となった。撮影がスムーズに終わったあと、彼は実際の挙式の打ち合わせを続けていた。  ウェディングドレスのまま、彼を待っていた。チャイムがなって、ドアを開けて彼が入ってきた。 「ごめん待たせたね、今日はなんだか、とても暑くて」 「シャワーを浴びてくるよ」  そう言いながら、タキシードを脱いでいる彼から、上着を受け取りハンガーにつるした。ズボンとネクタイをクローゼットに片付け、バスローブを彼に着せる。 「帰りも、運転するのでしょ」 そう言ってと、冷たいお水をグラスに注ぎ、彼に手渡す。 グイッと飲み干した彼、少し緊張して疲れていたはずの彼も、少し元気を取り戻した。彼は10分ほどで、バスルームから出てきた。 「私も、シャワーしても、いいかしら」  純白のウェディングドレスを脱ぎ、花嫁の私はブライダルインナーだけになる。白いガーターで吊られたストッキング、純白のショーツ姿の私。 「もう、撮影もしたし、花嫁の身代わりも、もうすぐ終わり・・・」 「まだまだ、終わりじゃない」 「最初の約束は、写真撮影だったでしょ」 「僕は、君の姉さんに恋した。でも、今は君が好きなんだ」  まだ外から差し込む明るい日差しの中、彼と二人きり。お風呂上りの湯気が出るような、バスローブだけの彼。 「写真撮影だけなんて、そんなつもりはないよ」 「それじゃあ、話が違うわ、もう帰して」 「僕と、本当に結婚しよう」 「そんな、私は姉と違って、女じゃないのよ」 そう言って、部屋を出ようとしました。 「そんな、下着姿でどこに行くんだい」.その時、二人の男女が入ってきました。背の高いカメラマンと着付けやメイクを手伝ってくれた女性。二人はドアをロックして、私を押しとどめたのです。 「やはり、花嫁さんが納得していないようだね」 「ちょうどいいところに、来てくれたね」 メイクの女性に抱きかかえられ、カメラマンの強い力で、手を縛られてしまったのです。 「ひとみ、君も女性になりたくて、髪を伸ばしたんだろう」 「それに、胸を大きくしたくて、女性ホルモンも続けているね」 「君に紹介した婦人科医は、僕の知り合いなんだ。」.初春のお慶びを申しあげます   女装ふたたびを本年もよろしくお願いします 東京でお正月を過ごしています。 インフルエンザ、コロナに感染しないかが心配です。 このお正月、全国的にも、心配な状況ですね。.幻のポートレート《あとがき》  作品を、お読みいただきありがとうございました。  実は、この幻のポートレートは第4章で終わりだったのです。しかし、書き終えてからしばらくして、若い画家が、なぜこの少年と出会ったのか、この少年について、考えてみたのです。  私の考えたのは、少年がなぜ女装をしていたのか、その事情を対象喪失、母を亡くしたことを、テーマにしてみました。そして、若い画家が少年と出会ったのは、絵を描いてもらうという約束があったからです。  入試前に出会った少年とした約束、「絵を描いてあげる」。そのことを画家は忘れていたが、亡くなった人の魂は、この世にふたたび帰ってくる。10年という時間が経過して、約束が果たされれることで、少年の魂は救われるのです。.はじめからお読みになるには、こちらへ  幻のポートレート第1章.幻のポートレート【1】 【あらすじ】  若手の画家が、一人の少年と出会う、少年が女装してモデルになった絵を描き、それが美術展で入選する。逢うたびごとに女性として成長する少年。その秘められた謎、それを追い求めて、画家は雪山に向かう。 第1章 霧の中の出会い  冬の午後は3時を過ぎると、どんどん冷え込んでくるため、いつもならスケッチを終えて帰り支度をしていただろう。  その日は朝から霧が発生して、お城の公園の中でも視界が遮られていた。2月にしてはその分だけ気温は高く、私こと坂崎隆一は、松本城のデッサンを仕上げようとしていた。  その時、私の後ろに一つの人影が近づいて来た。こうしてデッサンなどしていると、後ろから覗きこむ人が結構いるのだ。しばらくすると、その人影が話しかけてきた。 「お兄さん、絵描きさんなの。とても素敵なデッサンですね」 「ほんの下書きでね、今日はこれぐらいにしておこうかと思ってるんだ」 「お兄さんは、いつもどんな絵を描いているの」 「一言で言うと風景、野や山や自然と、古くからある建造物かな」 「どういうところが気に入ってるの」 「山や大地、それと、古い建物のもつ美しさかな」 「お兄さんは、人やモデルなんかは描かないの」 「本当は人物画には、自信があるんだよ、もっと描きたいよ」.朝日が容赦なく降り注ぐ、私が目を覚ました時には尚美、『尚文君』はいなかった。昨日のことが、まるで夢のような気がしていた。しかしテーブルの上には、大賞を知らせる速達があった。  東京での授賞式の後、私はテレビや美術雑誌のインタビューなどで忙しく、十分に絵を描く時間もなかった。気がつくと8月も終わりかけていた。夏休みの間は家族とカナダで過ごすため、尚美こと『尚文君』とも会えなかった。  しかし私のアトリエには、美しい尚美の肖像画があり、恋人のように優しいまなざしで、ほほえむように私を見つめていた。ローズピンクのドレス姿で、黒い瞳の美しいの絵の中の尚美は今の僕にとっては、恋人のようではなく、恋人そのものだった。 第3章  奇跡の入選  夏休みを家族とカナダで過ごしている、『尚文君』とは会えなかった。.少し離れたところで、来ないでと言うように彼女は手を振っている。僕は斜面を駆け上がり、彼女の手を掴んだ。その瞬間、二人は真っ白い雪にのみ込まれてしまった。  地面に倒れた尚美に近寄り、抱き寄せた、暖かい尚美の手を握りしめた。その瞬間、二人は、真っ白い雪に閉じ込められていた。  雪崩のなかに、僕たちはいた。 「尚美、だいじょうぶかい?」 「隆一さん、少し頬から血が」 「大丈夫、かすり傷だよ。尚美、会いたかったよ」 「でもよかった、君を迎えに来たんだ」 「隆一さん、もう私は帰れないのよ」 「何を言ってるんだ」 「あなただけでも、助かってほしいの」 「二人で頑張るんだ、僕たちの幸せのためにも」 「あなた、私は今のままでも幸せよ。あなたに会えて本当に良かった」 「尚美,愛してるよ」  その時ふたたび、ゴォーという音がして、持ち上げることができないほどの雪に覆われてしまった。 少しだけ、身体を動かす余裕があった。  雪に閉じ込められた空洞には、少し余裕があり、何とか尚美の身体に僕のコートを着せて、彼女を抱きしめた。.まだ私達は寒くはなかった、私達はお互いに抱擁し、少しは暖かくなった。お互いの身体を寄せ合って、そして私は尚美にくちづけをした。 「尚美のために、ごめんなさい」 「尚美、君に会いたかったんだ」 「隆一さん、今こんなに近くで、あなたを感じているわ。」 「尚美、素敵だ、君と抱き合っていると、とっても暖かいよ。」 昨夜はよく眠れなかったせいか、眠気が襲ってきた、少し熱い。 「隆一さん、寝ちゃダメよ、あなただけでも助かってほしいの」 「なんかとっても眠い、なおみ」 「隆一さん、寝ないでね、あなた」  彼女の声が遠くなりかけ、気を失ってしまった。  サイレンの音を聞いたような気がした。 「坂崎さん、気がつかれましたか」  目がさめたら病院のベッドの上だった。 「どこか痛むところはありませんか」 「ああ、いいえ別に」  僕の腕は、脈を測る白衣の看護師に握られていた。 「あのー、僕のほかに、もう一人も無事でしたか?」 「いいえ、遭難されたのはあなた一人だったのですよ」  看護師の話しでは、雷の音がしたので民宿のおやじが心配して、また山に上がってみたら雪崩れが起きていた。それですぐに救助されたので命が助かったのだろうと言われた。.救助されたとき、幸運なことに、自然にできた洞穴のような部分にはまりこんだので、呼吸もできた。それが幸運だったのだろうと言われた。  雪崩れによる遭難者の多くは、窒息によるものが多いという話だった。   私が頭を掻くと、一本の繊維が落ちてきた。ローズピンクのきれいな色だった。     第5章をお読みになるには、こちらへ  幻のポートレート第5章     ホームページに戻る.髪の毛が長い、そばに置かれた箱からティシューを取り出し、口を拭った。 ツーーんと栗の花というか、あの匂いがした。 渡されたバスタオルで隠して浴室に入った。胸には丸い大きな乳房があった。 「男なのに、アレッ、なんで?」 すると、頭の中で「仕事が終わったから、早く身体を洗って」と声が聞こえた。 「今日は、新企画のAVの撮影が終わったのよ」 「君は誰?」 「月野あかり、私は、ニューハーフなの」 「26歳で、男じゃないのか」 「26歳で、男よ、下に手を伸ばしてみて」  言われたとおりに手を伸ばすと、そこには、かなりのものがあった。 こんなことなら、9歳にすれば良かった。  次の日から、月野あかりの職場に出勤することになった。 「こんなのを、僕が着るの?」 「何恥ずかしがってるの、これもお客へのサービス」 「あなたは、黙ってみていて、わたしがするから」 そこは、ニューハーフがサービスやマッサージする風俗の店だった。.客が後ろから、抱きしめてきた。  二人が並んで座り、客はあかりの豊満なおっぱいを揉みはじめた。吸い付き、舐め回している。透けるような赤いショーツを脱がせると、あかりのあの部分に触れてきた。 「ああっ、ステキ」 「けっこう、胸も大きいのに、こんなになってるなんて」 「言わないで、恥ずかしいから」 「恥ずかしい? 後で恥ずかしいことをするんだろ」 「あなたが、満足してくれたら、うれしいわ」 「今から、君は僕に抱かれるんだよ」 「じゃあ、やさしくしてね」.結局、客との営みで、約束の時間が過ぎた。毎日、いろんな客を相手にしたが、私が満足できるほど、上手な客はいなかった。それよりも、早くこのニューハーフから別の身体に、生まれ変りたかった。   《つづく》 後編へ.ホーム ピグ アメブロ.芸能人ブログ 人気ブログ 新規登録.ブログトップ 記事一覧 画像一覧.初春のお慶びを申しあげます   女装ふたたびを本年もよろしくお願いします 東京でお正月を過ごしています。 インフルエンザ、コロナに感染しないかが心配です。 このお正月、全国的にも、心配な状況ですね。 マスクをして、外出時には、身体を冷やさない事が大切ですね。.

About

Welcome to the group! You can connect with other members, ge...

Members

bottom of page